.

ディーゼル車の魅力をお伝えします。 安価な軽油で日々の燃料費を抑えられる。

原油を精製される時に出てくる軽油。

日本国内での需要が昔と比べると低くなったのもあり、余っているとさえ言われています。

むしろ、海外へ軽油が輸出されているような現状です。

ですが、皆さんもご存じのように、市販されるディーゼル乗用車の数は少数です。

ガソリンよりも安価な軽油をもっと使えるようにしたい!と思い、弊社では欧州よりディーゼル車を輸入しております。


ヨーロッパで主流なディーゼル車。

海外では特にヨーロッパではディーゼル車が主流です。

『3Lクラスのディーゼルで5Lクラスのガソリン車と同じくらいのトルクを出せる』と言われるディーゼルエンジンはトルクフルで加速も良く、本当に使いやすい。

日本のように『車を便利に使う』というより、外国人は、目的地まで『いかに快適に早く移動できるか』という観点で自動車を使う事が多いようでコンビニエンス機能よりはドライバビリティを重視するようです。

ヨーロッパで主流なディーゼル車。

ディーゼル車は燃料に軽油を使用するため、ガソリン車とくらべても燃料代が安く抑えられます。(1リッター当たり20~30円の差。:2014年1月現在)

また同じ車両重量で同じ排気量のガソリン車と比べると燃費が良く、特に四輪駆動車では燃費の良さを感じることが出来ます。
一般的にCO2排出量が低い為、エコな一面も。

逆にガソリンエンジンに比べるとエンジンの騒音が大きいです。この点は人によっては「良いところ」なのかもしれません。

エンジンを製造するためのコストがガソリン車より高い為、車両代が上がります。