オールスマイル > ブログ > 修理 > AMG C63 つづき

repair修理

AMG C63 つづき

C63 AMG の続き。

DSCF2695

どでかいサージタンク、取り外し。

中から水混じりのオイル(オイル混じりの水?)が大量に出てきました。

ブローバイ配管を通じて上がってきた模様。

驚きの量でした。

DSCF2693

DSCF2691

ヘッドカバー取り外し。

DSCF2688

カムシャフトが見えてきました。

DSCF2690

DSCF2689

ここで一旦ストップ。

工具が足りない。作成するかどうか・・・

調べてみると、アメリカからスペシャルツールを仕入れられそう。

う~ん・・・

そんなうちに、工場長がサージタンク分解。

DSCF2698

DSCF2701

中の可変給気のフラップも固着。清掃にて解決。

DSCF2702

洗浄できるところは洗っていきます。

電子制御のスロットルボディ、ツインだったんですね(汗)

こちらも清掃。オイル&水に浸かってました。大丈夫かなぁ・・・

DSCF2699

フューエルレールはとりあえず観察。

DSCF2703

インジェクター、これも掃除したいよね~

DSCF2704

何やら、関東の方ではこのC63、わざわざデチューンして乗ってる方がおられるそーな。

女性オーナー様には好評とのこと。

そりゃ考えてみたら、ドイツのAMGもこのC63が

日本で、奥様のお買いもの車にされてるとは思わんでしょーね。

特殊工具をどうするかで期間は変わりますが

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


電話をかける

お問い合わせ